カーテン縫製スタイル

カーテン縫製スタイルについてのご紹介

3つ山

参考画像

カーテンの上部に3つ山を取るスタイル。ドレーブ性が豊かになり、豪華な仕上がりになります。
約2倍ヒダと約2.5倍ヒダの仕上がりです。

2つ山

参考画像

カーテンの上部に2つ山をとるスタイル。約1.5倍ヒダの仕上がりです。

クレープ

参考画像

カーテン上部をギャザーで寄せて作るスタイル。ギャザースタイルより、エレガントな仕上がりをお好みの方にお奨めです。
約2倍ヒダと約2.5倍ヒダの仕上がりです。

ギャザー

参考画像

カーテン上部をギャザーテープで寄せて作るスタイル。クレープスタイルより、フェミニンな仕上がりをお好みの方にお奨めです。
約2倍ヒダと約2.5倍ヒダの仕上がりです。

フラット

参考画像

広げると1枚の布地のような状態になるシンプルなスタイル。シンプルな作りであるからこそ、生地本来の素材感、デザインを生かすことが出来ます。

ハトメ

参考画像

生地にハトメ(鳩目)を打ち込み、レールに通すスタイル。生地本来の自然なドレープ感が楽しめます。
ややモダンでカジュアルなイメージがお好きな方にお奨めです。

シェード

生地を昇降させ、お好みの高さに調節できるスタイル。
昇降させることにより、光の調整が簡単にできます。
腰窓や小窓など限られたスペースでも生地本来の持ち味が生かせます。

プレーンシェード

参考画像

自然なたたみあがりで生地本来の素材感や風合いを楽しめます。

シャープシェード

参考画像

横にバーが等間隔で入れてあり、裾がバーの効果で弛みなく直線がきれいに出るスタイル。
すっきりとした仕上がりになるので、生地を選ぶ時に、お部屋のイメージに合わせてモダンなテイストや、和テイストにもお奨めです。

パネルカーテン

参考画像

障子や襖のように左右にスライドさせて使用するスタイル。特にデザイン性・透過性がある生地を生かせるので、お部屋の間仕切りとしてもお奨めです。
パネルサイズ:W35cm仕上げ

バルーンシェード

参考画像

閉めた時にはフラットですが、たたみあげると裾がバルーン状になるロマンティックなスタイル。

スカラップカーテン

参考画像

当社は裾の仕上がりがシルエットにより3タイプお選びいただけます。フリル、またはマクラメを付けてフェミニンに仕上がります。腰窓にお奨めです。

カフェカーテン

参考画像

元々は窓に目隠しをするために付けられた丈の短いカーテン。当社の上部の仕様はポールを通すタイプと、金具でつるすタイプの2通りです。
最近は、その利便性だけでなく、カントリー調のお住まいなどのおしゃれとして使われることもあります。

ベッドスプレッド

参考画像

寝室の印象を大きく左右させるアイテム。インテリアの要素もありながら、寝具のズレを抑えることや保温性を上げるなどの機能性もあります。
カーテンとコーディネイトすれば、お部屋の統一感を演出できます。

ロールスクリーン

ハード加工タイプ

参考画像

スティフナー(含浸)加工仕上げです。
窓口にお問い合わせください。
チェーン式 プルコード式

プリエフ加工タイプ

参考画像

接着裏地(熱圧着)で裏から補強しているため、異なる2色の適応生地の組み合わせもお楽しみいただけます。(掲載写真は両サイド5cmを別色にした組み合わせ例です。)
チェーン式 プルコード式

ソフト加工タイプ

参考画像

レースの素材性を損なわずロールスクリーンとして機能します。(両サイドソニックテープ仕様)プルコード式は対応いたしません。
チェーン式

↑ ページTOPへ戻る

back